抗抗ヒスタミン薬の禁忌|薬別の飲んではいけない人

【禁忌】副作用に十分注意!
抗ヒスタミン薬を飲んではいけない人

 

抗生物質などの薬に比べ抗ヒスタミン薬は健康上の副作用が小さい薬だと言われています(抗ヒスタミン薬の副作用一覧はコチラ)。しかし、人によっては抗ヒスタミン薬が持つ抗コリン作用によって健康に悪影響を与えるケースがあります。また、抗ヒスタミン薬と一口でいっても世代によって分類されており、投与される薬も変わります。

 

世代別抗ヒスタミン薬の禁忌

第1世代抗ヒスタミン薬

【該当薬】
ポララミン、アタラックス、タベジール、ペリアクチン、レスタミンなど

  • 抗コリン作用が強いため、緑内障、前立腺肥大、喘息のある人には使用できません
  • 小児では大人に比べると鎮静の効果が少なく、むしろ興奮させてしまう作用があります
  • 第1世代の抗ヒスタミン薬は全て服用後の運転は禁止されています

 

第2世代抗ヒスタミン薬

【該当薬】
ザジデン、アゼプチン、セルテクト、ダレン・レミカット、ゼスラン、アレジオン、エバステル、ジルテック、ザイザル、アレグラ、アレロック、タリオン

  • ゼスランのみ緑内障と前立腺肥大症などの下部尿路閉塞疾患には使用できません
  • ザジデン・セルテクト:てんかんまたはその既往歴のある患者には使用できません。

    ザジデンの抗ヒスタミン作用により抑制系のヒスタミンの作用が阻害され、けいれんを引き起こす可能性があると考えられます。特に小児の場合、タベジール・ポララミン、アタラックス、ペリアクチンなどは脳に移行性が高く、けいれんを起こす可能性が高いといわれています。

  • 運転に関する制限

    ・運転禁止

    ザジデン、アゼプチン、セルテクト、ダレン・レミカット、ゼスラン、ジルテック、ザイザル、アレロック

     

    ・運転注意

    エバステル、アレジオン、タリオン

     

    ・運転への記載なし

    アレグラ

いずれの場合も医師・薬剤師と相談のうえ服用するようにしましょう

オススメ記事
Reccomend

副作用から考える本当に使うべき抗ヒスタミン薬の選び方
アレルギー対策に欠かせない抗ヒスタミン薬ですが、薬局に行ってみるとその種類は本当に様々。一体どれを選ぶべきなのか悩んでしまうなんてことはありませんか?そんな難しい薬選びの参考書となれれば幸いです!


抗ヒスタミン薬の第1世代と第2世代の違いは?
1983年に第2世代と呼ばれる抗ヒスタミン薬が登場しましたが、現在市場には第1世代も第2世代も両方が流通しています。ではこの世代の違いはなんなのでしょう?


【死につながるケースも】抗ヒスタミン剤の服用上の注意点
健康上の副作用が少ない抗ヒスタミン剤。病院で処方される場合と違い、市販のモノを購入する際は併用している薬のことなどを自己管理する必要があります。場合によっては死につながるような重篤な副作用が出る場合も!


抗ヒスタミン薬のアレルギーに対する効果・効能と体内での作用
抗ヒスタミン薬の役割を知っていますか?勘違いをしていますが、抗ヒスタミン薬は“アレルギーを治す薬”ではありません。薬の作用を知って正しく付き合いましょう。