アレルギー対処薬である抗ヒスタミン薬の第1世代と第2世代の違いは?

使い分けでアレルギーの負担がかなり軽減!
抗ヒスタミン薬の第1世代と第2世代の違い

 

抗ヒスタミン薬は第一世代と第二世代に分類されています。病院で処方される時や薬局で市販薬を購入するときに『これはどの世代の抗ヒスタミン薬?』と意識している人は少ないかも知れませんが、実はこの違いは結構重要です。効果や持続性、副作用の出方にも違いが出ます。

 

”第二世代の方が新しいから優れているんでしょ?”ではなく、求める効果によって使い分けできるようになるとアレルギー生活がかなり楽になります。ということで、今回は抗ヒスタミン薬の第1世代と第2世代の違いをまとめました。

 

抗ヒスタミン薬 第一世代の薬とその特徴

  • メリット:飲むとすぐ効く/薬価が安い
  • デメリット:副作用が強い

第一世代は脂溶性(水に溶けにくい)が高いため血液脳関門(薬物の血中から脳内への移行を制限する機能)を容易に通過し、中枢神経系、特に視床下部に作用して眠気を引き起こす。つまり鎮静作用があると考えられていて比較的効き目が早く現れます。デメリットは、眠気がおきる・集中力、作業能力が低下する、喉がかわく、めまい、吐き気がするなどの副作用を起こしやすいことです

 

抗ヒスタミン薬 第一世代の代表的な薬

  • エタノールアミノ系(ベナ・レスタミンコーワ)

    鎮静作用が強いため、夜に服用させるなどの工夫が必要。抗めまい薬として使われる(ドラマミン)

  • プロピルアミン系(アレルギン・ポララミン・クロール・トリメトン)

    鎮静作用が少ないため、昼間の内服に適していると考えている。クロール・トリメトンは蕁麻疹の治療で使用される

  • フェイチアジン系(ピレチア)

    局所麻酔作用がある

  • ピペラジン系(アタラックス)

    鎮静薬、吐き気止めとして使用されているが、睡眠導入薬としても使用されている。

  • ピペリジン系(ペリアクチン)

    食欲亢進・体重増加作用がある

第一世代の代表的な薬にセレスタミンがあります。セレスタミンは効果は凄いのですが、ステロイドが入っているので副作用も凄いです。なので短期間しか処方されませんし、あまり常用を勧められる薬でもありません。

 

抗ヒスタミン薬 第二世代の薬とその特徴

第二世代の中でも開発された時期によってT期/U期に分類されます。第二世代T期の薬を抗アレルギー薬、第二世代U期の薬を第三世代と呼ぶことがあります(正確な線引きはされていません)。

  • メリット:副作用が弱い
  • デメリット:効果が出るまでに時間がかかる/薬価が高い

第二世代は1983年以降発売されたもので、鎮静作用が少ないものの肝臓で代謝されるためにほかの薬物との相互作用がみられる場合があります。第一世代でデメリットであった副作用の出現が比較的少なくなっていますが、しばらく(目安として5〜7日ほど)飲み続けないと効果が出てきません。

 

抗ヒスタミン薬 第二世代T期の代表的な薬

  • 塩基性抗アレルギー薬(抗ヒスタミン作用あり)

    一般にじんましんの抑制、かゆみ止めとしての効果が強いが眠気も強い。
    薬品名:ザジデン・アゼプチン・セルテクト・ニポラジン・トリルダンなど

  •  

  • 酸性抗アレルギー薬(抗ヒスタミン作用なし)

    一般に症状の抑制、かゆみ止めとしての効果は弱く、眠気も弱い
    薬品名:インタール・リザベン

 

抗ヒスタミン薬 第二世代U期の代表的な薬

  • 中枢神経副作用の少ない抗アレルギー薬

    眠気などの抗ヒスタミン薬特異の副作用が現れにくい薬剤を第三世代抗ヒスタミン薬と表しています。眠気などの症状の現れ方には個人差があります。
    薬品名:アレジオン・ジルテック・アレグラ・アレロック・ザイザル

 

 

抗ヒスタミン薬 第一世代と第二世代の使い分けの目安

 

第一世代と第二世代のそれぞれにメリット/デメリットがあり、どちらが優れているという判断は出来ません。但し、最近の病院では第一世代の抗ヒスタミン薬が処方されるケースは少なくなっています。というのも第一世代で得られるメリットに対して発生するデメリットの方が大きいと判断されているから。
なので第二世代のT期orU期で選択することになります。

 

特に第二世代U期の薬はT期の薬を元に改良し、”より眠気が出にくくなるタイプ”や”1日1回で服用が充分なもの”など薬によって長所が異なります。効果には個人差があるので自分に合った薬を見つけるのがアレルギー生活を快適に過ごす第一歩となるのではないでしょうか。

オススメ記事
Reccomend

【死につながるケースも】抗ヒスタミン剤の服用上の注意点
健康上の副作用が少ない抗ヒスタミン剤。病院で処方される場合と違い、市販のモノを購入する際は併用している薬のことなどを自己管理する必要があります。場合によっては死につながるような重篤な副作用が出る場合も!


副作用から考える本当に使うべき抗ヒスタミン薬の選び方
アレルギー対策に欠かせない抗ヒスタミン薬ですが、薬局に行ってみるとその種類は本当に様々。一体どれを選ぶべきなのか悩んでしまうなんてことはありませんか?そんな難しい薬選びの参考書となれれば幸いです!


抗ヒスタミン薬のアレルギーに対する効果・効能と体内での作用
抗ヒスタミン薬の役割を知っていますか?勘違いをしていますが、抗ヒスタミン薬は“アレルギーを治す薬”ではありません。薬の作用を知って正しく付き合いましょう。


抗ヒスタミン薬の服用によって生じる副作用の症状一覧
抗ヒスタミン薬に限らず、薬を服用することには“副作用”というリスクが伴います。得られるメリットとデメリットを理解して服用するかどうかを決める必要があります。カラダのことですから『知らなかった』で後悔しないように!